ホームページ

東日本総合整体学院のホームページはこちらをご覧ください。
東日本総合整体学院のNews&Informationはこちらをご覧ください。

2020年3月30日月曜日

【セミナー開催情報】

4月 茅野セミナー開催【予告】
[新型コロナ対策 免疫力 ホルモンバランス 自律神経 花粉症]
日時:2020年4月25日(土)13:00~16:30[予定]
会場:茅野駅またはベルビア内の研修ルーム[予定]
講師:山口英俊(2005内閣府認証特定非営利活動法人・日本整体検定協会代表理事)
内容:東洋医学(中医学)「刺絡療法」
参加費用:一般:会場費+受講料+テキスト代+教材費+修了証=12,000円+税
割引特典:①茅野教室受講生5,000円+税
     ②協会員、組合員、金券2枚使用で4,000円+税
     ③卒業生6,000円+税
     ④一般ペア参加一人6,000円+税
定員:6名
申込方法:このHPの「資料請求」から申し込むか、☎090-3508-4222までご連絡ください。☎は移動中or指導中多くショートメールを歓迎します。

 

  手足の指には、井穴(せいけつ)と呼ばれるツボがあります。ここに刺激を与えて(瀉血もあるが紹介のみ)、自律神経と免疫機能を調節して、白血球の顆粒球とリンパ球のバランスを整え、病気を治す治療法を「刺絡療法」といいます。
 手足の指は内臓の働きと密接にかかわっているといわれており、親指は肺などの呼吸器、人さし指は胃腸などの消化器、小指は心臓や腎臓などの循環器の働きを高める効果が期待できます。
 刺絡療法には、自律神経のバランスを調整する働きがあり、交感神経の緊張を抑え、副交感神経を優位にします。このように病気の治療で大切なことは、交感神経を緊張させる要因(ストレス・薬物・暴飲暴食・運動不足など)を取り除きながら、積極的にリンパ球を増やす方策をとることなのです。この二つを同時に満たす治療法が「刺絡療法」なのです。
 白血球は細菌やウィルスから体を守る働きをしていますが、1ccあたり正常で5000~8000個存在しています。健康な人では、そのうち顆粒球が54~60%、リンパ球が35~41%の割合となっています。
 病気になると顆粒球の割合が60%を大きく超えてしまいます。リンパ球は主に免疫を司り、最低でも1ccに2000個以上は必要です。リンパ球の割合が正常範囲でも、白血球の総数が少ない時はリンパ球の絶対数が少なくなってしまい、免疫能は低下してしまいます。
 「刺絡療法」では、増えすぎた顆粒球を正常に戻す治療を行い、自律神経を安定化させます。(※医療機関で血液検査をして顆粒球とリンパ球の割合を見ることも出来ます。) [以下略]


2020年3月29日日曜日

引地辰夫先生のペン治療講座 in さいたま校

[イオネア901J/A 電子ペン 理療整体 ツボピスト®]

 2020年2月15日(土)、さいたま市大宮区桜木町の東日本総合整体学院に於いて「ツボピスト®・ペン治療講座」が開催されました。会場が狭く定員6名での開催でした。
 「ツボピスト®」とは理療整体師のことを言い、その名称は2003年に特許庁に登録されており、「ツボピスト養成講座」を修了した方へ授与される名称で、東医研協会員は自由に名称を用いることが出来ます。

 「ツボピスト®」は2010年には、北海道3名5店舗をはじめ、宮城、山形、新潟、栃木、茨城、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、山梨、長野、静岡、名古屋、大阪、岡山まで全国で約200名が活躍していました。2018年になると高齢で廃業する仲間も増え、現在では約80名のツボピストが活躍しています。
今回参加の6名は、開業者5名、そのうち「ツボピスト®」は2名でした。
【難聴】耳珠部で軟骨と顔の境目に取って下さい。
三焦経耳門、小腸経聴宮、胆経聴会にピンポイント療法を行います。
難聴の他、耳鳴り、みみだれ、口を開けて取ると歯痛に即効があります。
【リフトアップ】胸鎖乳突筋、咬筋、深部の後斜角筋、中斜角筋、前斜角筋にパテ療法を行って下さい。咬筋から側頭筋扇ゾーンに響き、顔が引き締まります。
【慢性肩こりと頭痛】肩甲骨周辺、小腸経肩中兪・肩外兪、三焦経肩髎・天髎、胆経肩井・風池にピンポイント療法を行うと肩こりと頭痛に即効があります。

【眼瞼下垂】高齢になると瞼が落ちてきます。酷くなると視界が遮られ、危険です。前頭筋、眼輪筋、皺眉筋、眉毛下制筋にパテ療法を3日連続行って下さい。その後は週1回行います。個人差がありますが、おおよそ80歳以上の方は施術を継続します。
【酷い肩こりに肩甲骨はがし】肩周辺の筋が固くなっている酷い肩こりには、ペン治療を施し筋を柔らかくしてから、横向きにして肩甲骨はがしを行います。最後に肩関節にダイナミック・ストレッチングを行うと即効です。

【上腕骨内側上顆炎】重い物を持つ、ゴルフやテニスで肘を痛め、特に肘の内側が痛くなる症状。ペン治療の後、テーピングでケアします。テープは伸縮性キネシオテープを用い、5cm幅の中央に切り込みを入れ、X形になるように貼ります。テープの両サイドを固定します。(※テーピングはスポーツ整体テーピング編テキスト2020改訂版参照)

理療整体ツボピストに興味のある方は、☎090-3508-4222までお問い合わせ下さい。移動中or指導中多く、ショートメール歓迎です。



2020年3月19日木曜日

介護リハビリ整体講座 受講生募集中
高崎本校・さいたま校・茅野教室・仙台教室・宇都宮教室
準備中(所沢教室・吉見教室・つくば教室・他)


介護リハビリ整体講座




















テキスト1 「介護リハビリ整体 Ⅰ」
 
                                                                     
目  次
はじめに-------------------2
A 健康寿命と要介護予防-----------4
   1 健康寿命の考え方
   2 健康寿命の延伸
   3 健康寿命と平均寿命の推移と不健康期間の拡大
   4 健康格差・地域格差と要介護予防
B 脳の機能と障害-------------10
   1 脳の区分
   2 脳の四つの機能
C 高次脳機能障害-------------12
 1 高次脳機能障害の原因と症状
   2 高次脳障害の判別
   3 高次脳機能霜害のチェックポイント
   4 カウンセリングで診る特徴的な症状
D 横向経絡調整の実技-----------21



















テキスト2 「介護リハビリ整体 Ⅱ」


はじめに
 在宅の要介護者は、生活支援を受けることが中心になり、リハビリテーションの機会に恵まれないのが殆どで、「寝たきり」の期間が長くなり、廃用性症候群に発展するケースが多くなります。
 介護を必要とする方々が、寝たきりでいるということは良い状態ではありません。寝たきりの方々は、血行が悪く、そのため体内の様々な機能が徐々に低下してしまいます。だからといって、長い間寝ていた状態を、ある日突然に横向きにしたり、座らせたり起こしたりするなど急に体を動かすことも良くありません。急に動かすと一時的に内臓器官に不調和な状態を起こさせることがあります。このような場合、徐々に時間をかけ、計画的に行います。その際、注意して発語・表情・顔色・気分・体温の変化など見たり、聞いたり、計ったりしなければなりません。常に声を掛け、安全に留意し、絶対に事故のないよう手技または介護を行うことが大切です。
 このテキストで学ぶ「介護手技療法」は、前編では東洋医学の理論に基づいて、体の中を駆け巡る気血のエネルギーを調整し、内臓器官に働きかけ、自然治癒力を増強し、血液を浄化し、内臓機能を始め四肢の機能をも活性化するものです。また、後編では体位の変換の基礎技術、さらに関節の可動域を広げるための訓練なども学びます。ここで学ぶ技術は、安心・安全で効果の高いものを選別してあります。
 このテキストの次のステップであるリハビリテーションでは、運動療法や物理療法を学びます。介護にはコミュニケーションと共に心のケアが大切です。聞き上手、対話重視の施術が大切です。その上で、有効な徒手技術(介護手技療法を始め経絡調整、経穴療法、推拿療法・運動療法、筋連動法など)を多いに活かしていただき、貴方の手で寝たきりの方々に光明を与えることを切に願います。


















  テキスト3 「介護リハビリ整体 Ⅲ」

                                      
 目  次
はじめに------------------ 2
A 要介護者へのリハビリテーション
   1 リハビリテーションの領域------- 3
   2 医学的リハビリテーション------- 4
   3 教育的リハビリテーション------- 6
   4 職業的リハビリテーション------- 8
 5 社会的リハビリテーション------- 9
 6 心埋的リハビリテーション-------10
 7 介護とホームヘルパー --------10
   8 リハビリテーションにおける看護と介護-11
  a リハビリテーション看護
  b リハビリテーション介護
 9 地域リハビリテーション--------13
  10 パワーリハビリテーション-------14
B リハビリテーション介護とマッサージ
 1 リハビリテーションと医療マッサージ--16
 2 いろいろなマッサージ --------17
 3 マッサージの基本手技 --------18
 4 マッサージの応用手技 --------19
C 徒手筋力検査(下肢)とマッサージ
 ①長・短腓骨筋20 ②長母趾伸筋21 ③長趾伸筋22
 ④前脛骨筋23 ⑤長母趾屈筋・長趾屈筋24
 ⑥後脛骨筋25 ⑦腓腹筋26
 ⑧大腿屈筋(大腿二頭筋・半膜様筋・半腱様筋)27
 ⑨中殿筋・小殿筋・大腿筋膜張筋28 ⑩大殿筋29
 ⑪大内転筋・長内転筋・短内転筋30 ⑫大腿四頭筋31
 ⑬縫工筋32 ⑭腸腰筋33

はじめに
 リハビリテーションは、能力低下やその状態を改善し、「障害者の社会的統合」を達成するためのあらゆる手段を含んでいます。リハビリテーションは障害者が環境に適応するための訓練を行うばかりでなく、「障害者の社会的統合」を促す全体として環境や社会に手を加えることも目的とします。そして、障害者自身と家族、そして彼らの住んでいる地域社会が、リハビリテーションに関するサービスの計画と実行に関わり合わなければなりません。
 これからの超高齢化時代は、要介護者のリハビリテーションを行う病院や介護福祉関連の施設が不足し、そこで働く人たちも不足し、さらに国家予算も不足します。さらに、これからは1町内に1施設が必要となり、通所できない在宅要介護者への訪問リハビリも今以上に必要となります。
 在宅要介護者へのリハビリは、国家資格の有無や、国家民間資格を問わず、家族や近隣住民などがリハビリ技術を習得して積極的に日常的に行えることが求められる時代になったのです。地域リハビリテーションです。整体師も積極的にリハビリテーションテクニックを導入し、在宅要介護者への施術に活かして欲しいと思います。




















テキスト4 「介護リハビリ整体 Ⅳ」
                                      
                                      
 目  次
はじめに-------------------2
A 通所リハビリと訪問リハビリ--------3
   1 デイサービスと介護保険制度
   2 平成24年度介護保険制度改正
   資料 機能向上計画書
        運動機能向上プログラム  
                  通所介護利用料金表
B 生活機能向上のための運動療法-------13
   1 寝返りから起き上がり
   2 座位から立位へ
 3 座位で横移動
   4 上半身の体操
C オムニバンド(R)トレーニングとは-------21
 1 オムニバンド(R)とは
   2 オムニバンドの握り方
   3 運動機能向上をめざすリハビリに
D オムニバンドトレーニング実技-------24



    









                            






テキスト5 「介護リハビリ整体 Ⅴ」


目  次
A 関節の基本的な動き
   1 関節拘縮・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 2
 2 主な関節・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 2
 3 関節の動き・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 4
   4 肩関節の運動・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 6
 5 肘関節の運動・・・・・・・・・・・・・・・・・・・10
 6 前腕の運動・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・11
 7 手関節の運動・・・・・・・・・・・・・・・・・・・12
 8 股関節の運動・・・・・・・・・・・・・・・・・・・13
 9 膝関節の運動・・・・・・・・・・・・・・・・・・・16
  10 足関節の運動・・・・・・・・・・・・・・・・・・・17
B 生活動作のリハビリ体操
 1 起き上がり体操・・・・・・・・・・・・・・・・・18
   2 横這い体操・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・20
   3 四つ這い体操・・・・・・・・・・・・・・・・・・・21
 4 膝立ち体操・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・22
 5 膝立ち歩き体操・・・・・・・・・・・・・・・・・24
   6 片膝立ち体操・・・・・・・・・・・・・・・・・・・25
   7 立ち上がり体操・・・・・・・・・・・・・・・・・26
C 介護予防のリハビリ体操
   1 立ち上がり座り体操・・・・・・・・・・・・・27
   2 腹式呼吸体操・・・・・・・・・・・・・・・・・・・31
   3 股関節開閉体操・・・・・・・・・・・・・・・・・32
   4 仰向け肩関節体操・・・・・・・・・・・・・・・33
   5 腰と下肢のひねり体操・・・・・・・・・・・34
 6 股関節曲げ伸ばし体操・・・・・・・・・・・36
 7 肘立て首肩体操・・・・・・・・・・・・・・・・・38
   8 肘立て肩胸腹筋体操・・・・・・・・・・・・・39
 9 下肢のひねり体操・・・・・・・・・・・・・・・40
  10 腹筋強化体操・・・・・・・・・・・・・・・・・・・41
  11 足指の体操・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・42

2020年2月21日金曜日

介護リハビリ整体 in 仙台


2019年12月10日(火)11日(水)、東日本総合整体学院 仙台教室において、
介護リハビリ整体の講座が開催されました。            
          




仙台教室は、仙台朝市のビルにあります。









教室は、白を基調とした清楚な感じで、とても落ち着いて施術を受けたり、
学習したりできます。



壁にはたくさんの認定証が掲示されています。
仙台教室では、親切・丁寧な指導を常に心がけています。

介護リハビリ整体の講座の内容については、後日ご紹介致します。